実印女性にオススメの素材・サイズはどれ?

女性は結婚をすると姓が変わる人がほとんどです。実印を選ぶ女性におすすめのものとは? - 女性と印鑑

女性と印鑑

女性が印鑑を選ぶには

私たちが社会の中で生活を送っていく際には、様々な場面で印鑑が必要になる場面が出てきます。
荷物の受け取りの際や、書類を作成する時、高額な取引を行う時、等々その用途には様々なものがあります。
そのような中では男性も女性も等しく印鑑を使用するタイミングがありますが、女性が印鑑を購入する際には男性が印鑑を購入する時とは違って考えなくてはいけないことがあります。
それは女性は結婚すると苗字が結婚相手の男性のものに変わるということです。
一生使うつもりで印鑑をオーダーメイドで作ったけれども、結婚により姓が変わってしまったので、また印鑑を作り直さなければいけない。
なんて事はいかにも良くありそうなことですよね。

苗字が変わることの煩わしさ

今まで自分がその苗字で生きてきたのに、結婚することにより姓が変わるというのは女性からしても大きなデメリットがあることかもしれません。
最近では夫婦別姓に関しての問題も数多く提起されるようになってはきましたが、世間一般ではやはり結婚すると相手方の苗字になるべきだという考え方が根強く残っているように思います。
それならば結婚するまで印鑑は簡単なもので済ましてしまえばいいじゃないか。
なんてことを考える人たちもいるかもしれませんが、きちんと自分の印鑑を国に登録するための印鑑登録の際にはオリジナルの印鑑を登録することが望ましいとされています。
過去に印鑑証明書を入手するために高額な印鑑をオーダーメイドで作ったのに、結婚によりまた作り直して登録もし直さなければいけなくなった。
なんていう人も多いのではないでしょうか。

夫婦別姓について

そのような事を考えていくと結婚したからと言って無理に男性の姓に自分がなる。ということは女性側にとっては大きな負担を強いることなのかもしれません。
特に私は夫婦別姓に関しては特別な事を考えたことはあまり無いのですが、結婚というものは本来対等でいるべき為のものであるはずなのに、これでは女性側が一歩引かざるを得ないとも言えます。
中には特に同姓にすることには拘らないという男性もいるかもしれませんが、残念ながらそのような男性は世の中では少数派であると言えます。
それに当人たちが良くても実家の方が口を出してくる可能性も充分にありますので、妙な禍根を残すよりかは大人しく旦那さんの姓になっておこうという人たちも大勢いたことでしょう。
登録していた実印を一旦破棄するのが面倒だというだけで夫婦別姓を拒否するなんて、大袈裟だなあ。なんて思われるかもしれませんが、相手に我慢を強いることが正しい結婚なのでしょうか?

印鑑の有り様

私たちがイメージする通常の印鑑とは苗字だけが彫られた物のことを指すでしょう。
しかし、公的な力を持たせることが可能である実印に尽きましては、名前だけを彫り込むことが可能になっておりますので、女性が実印を作る際には名前だけを彫るのがベターです。
しかし人の名前というものは多種多様なもので溢れていますし、やはり実印以外の印鑑には苗字が彫られていることが必要でしょう。
女性が印鑑を選択する際には名前がいずれ代わることを念頭に置いての選択が必要になってきてしまうというのが現状でしょう。

そんな中での印鑑選び

そのように男性と比べて限られた選択肢の中から印鑑を選ぶことはなかなか難しいことのように思えますが、いつか苗字が変わるとしてもやはり自分の気に入った印鑑を手に入れたいものですよね。
あまり高額な物を選んでしまうと、後々になってその印鑑が使えなくなった時に悔しい思いをしてしまう事は明白ですので、いずれ使えなくなっても後悔することがないように。
という事を考えた上での選択をしていきましょう。